生き物、自然大好き!

昆虫採集や魚とり、海や川での遊び方等の情報を発信します。また犬好き管理人の愛犬を通じて犬の飼い方なども書いていきます。

簡単 ニジマスのさばき方 ハサミだけの簡単な下ごしらえ方法

簡単 ニジマスのさばき方 ハサミだけの簡単な下ごしらえ方法

f:id:stormfish:20210313170321j:plain

みなさん こんにちは!

先日管釣り場での会話で、私がキープしいるニジマスを見て

「そんなに持ち帰ったら処理に半日かかるでしょ?」と言われました。

f:id:stormfish:20210306011924j:plain

ニジマス

 

www.sp-hiross.com

 

私は「いいえ。内臓処理だけなら1時間ほどでできますよ」と答えたところ

「無理でしょ!」と笑われてしまいました。(笑)

確かに処理方法もいろいろありますので一概には言えませんが、この方法なら簡単で、あまり時間もかかりません。

確かに処理に数時間も時間が掛かってしまっては怖くて持ち帰りを躊躇してしまうことにもうなずけます!

今回はみんなが嫌がる内臓処理の簡単な方法をお伝えしたいと思います!

 

この方法は30cm位までのニジマスで行います。

40cmくらいでもできなくはないですが、少し力がいります。

 

準備するもの

・キッチンバサミ

・ザルとボール等の水を切るもの(大量に処理する時にあると便利)

以上!!

包丁は使いません。

では、順に説明します。

手順

1.肛門からハサミを入れます。

ニジマスをしっかりと握り、肛門へハサミの先を入れます。

f:id:stormfish:20210313145617j:plain

肛門にハサミの先を入れる

2.肛門からエラ辺りまで切っていきます。

f:id:stormfish:20210313145821j:plain

ハサミを深く入れすぎない様に

この時、内臓を傷つけない様にあまり深くハサミを入れすぎない様にします。

(傷つけてしまっても、あまり大した事ありませんので気にし過ぎない)

3.エラを切る。

f:id:stormfish:20210313151509j:plain

エラをめくって下あご側に付いているエラを切ります。

f:id:stormfish:20210313151555j:plain

エラを切り離す

4.エラを剥がす。

エラの付け根辺りを親指と人差し指を使って剥がします。

f:id:stormfish:20210313151714j:plain

5.引き剥がす

そのままエラを握って一気に引き剥がします。

 

f:id:stormfish:20210313151802j:plain

この時、むなびれも一緒に引き剥がします。

(むなびれは自然と剥がれてきます。)

6.そのまま内臓も引き出します。

f:id:stormfish:20210313151927j:plain

肛門のところが繋がっていますので、引きちぎります。

 

7.エラ、むなびれ、内臓が綺麗に一緒に取れます。

 

f:id:stormfish:20210313152220j:plain

エラ、むなびれ、内臓が一緒にとれる

8.膜の中にある血合いを指で取り除きます。

f:id:stormfish:20210313152734j:plain

水を掛けながらやると綺麗に取れます。

 

f:id:stormfish:20210313152806j:plain

 

綺麗に取ったら完了です!!

 

f:id:stormfish:20210313152844j:plain

綺麗に取ったら完了!

f:id:stormfish:20210313153011j:plain

完了!

9.むなびれ

引き剥がしたむなびれですが、このま捨てずに切り取ってカリっと揚げて食べると、とても美味しいです。一度お試しください!!

f:id:stormfish:20210313154530j:plain

この部分

エラ膜に繋がっているので綺麗に切り取り、その後にヒレを取る。

f:id:stormfish:20210313154608j:plain
f:id:stormfish:20210313154638j:plain
エラから外す                 ヒレを取る

もし、この部分を残したままにしたい場合は手順2で完全にエラの所まで切り込みを入れて、完全にむなびれの部分を開いた状態で手順5でエラのみを掴み、むなびれが一緒に剥がれてこないようにすれば、むなびれ部分を残したままエラと内臓のみ引き出せます。

この部分の身は美味しいですが、食べにくいので取った方が良いとは思います。

 

 

これでニジマスを大量に持ち帰っても大丈夫です!

f:id:stormfish:20210313164223j:plain

これだけあっても大丈夫!

また、知人等にお裾分けする場合も内臓処理をしてあると、とても喜ばれます。

f:id:stormfish:20210313164327j:plain

処理した状態でお裾分け

 

この方法は包丁を使わずハサミだけで完結しますので手を切る心配が少なく、お子様でも出来ますので、家族みんなでさばいても楽しいかも知れませんね。

また、包丁を使わないのでまな板も生臭くならず、後片付けも楽です。

この方法ですと、ハサミだけで良いので、現地で処理をする事も容易です。

ただし、さばいた内臓などを放置したり川に流したりしないように注意してください。

 

ぬめりやウロコは?

私はニジマスの場合、ウロコ、ぬめりは全く気にならないので取りませんが、気になる方は事前に処理を行ってください。

(刺身にする時には三枚おろしの障害になりますのでウロコ、ぬめりは取りますがその他の料理はぬめりもそのままでウロコも食べてしまいます。)

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

この方法ならあまり時間が掛かりませんので、大漁の喜びをそのまま、大量に持ち帰っても大丈夫だと思います。(笑)

是非、お試しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらには新鮮な情報がたくさんあります!

 ↓

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村