生き物、自然大好き!

昆虫採集や魚とり、海や川での遊び方等の情報を発信します。また犬好き管理人の愛犬を通じて犬の飼い方なども書いていきます。

テトラポッド 穴釣り(ブラクリ釣り)で お手軽に高級魚をゲットしよう!

テトラポッド 穴釣り(ブラクリ釣り)でお手軽に高級魚をゲットしよう!

 

先日はテトラポッドの穴釣りで根魚を釣りに行ってきました。

 

皆さんは穴釣りをご存じですか?

 

テトラポッド(消波ブロック)の隙間に棲んでいる根魚(カサゴ、メバル等)

をテトラポッドの隙間から狙う釣りで、季節を問わず好釣果を得られる楽しい釣りです。

カサゴ、キジハタ等の高級魚がお手軽に釣ることが出来ます。

今回はそんな釣りを私の経験を元にお伝えしたいと思います。

 

f:id:stormfish:20191115011154j:plain

穴釣り

 

準備

 

1.竿

テトラ釣り専用の竿も有りますが、コンパクトロッドやブラックバス用のルアー竿などでも十分楽しめます。

 

2.リール

小型スピニングリールや小型両軸リールを使用します。

ラインはナイロンの3〜4号を巻いておけばまずは大丈夫です。

 

3.エサ

石ゴカイ、青イソメ、オキアミ、魚の切り身などを用意します。これらはエサ屋さんで簡単に入手できます。

私は穴釣りではサンマの切り身を自分で塩漬けにして使用する事が多いです。

後述しますので、興味のある方は是非お試し下さい。少し手間が掛かりますが、私の中では爆釣のエサだと思っています。

 

4.仕掛け

市販のブラクリ仕掛けが扱いやすくてお勧めです。

自分で仕掛けを作れる方は中通しおもりにハリス20㎝くらいの仕掛けで行うと安上りです。他にも同突き2本針仕掛けやテトラ穴釣り専用仕掛けも販売されていますので、用途に合わせてご使用ください。

ただ、どのような仕掛けを選んでも穴釣りにはロストが付き物ですので、多めに予備を準備していった方が無難です。

今回は扱いやすくてよく釣れるブラクリ仕掛けを中心にお話しします。

 

f:id:stormfish:20191115011322j:plain

ブラクリ仕掛け
5.その他持ち物

ペンチ、キッチンばさみ、針外し、魚つかみ、タオル等



6.装備

冬なら風が当たると直ぐに体が冷えてしまいますので、動きやすい防寒着を着用して下さい。

夏場は日差しを遮る物が無いので、帽子や薄手の長袖のシャツ等を着用する事をお勧めします。水分補給も忘れなように!

 

7.防護

堤防やテトラポッドでの釣りはライフジャケットを着用しましょう!また滑りにくい靴を履いてください。

 

対象魚

カサゴ

f:id:stormfish:20191115011154j:plain

カサゴ

穴釣りの代表魚の様なものです。どんな料理でも大変美味しく市場でも高値で取引されている高級魚です。毒はないがトゲが鋭いので触る時には注意しましょう!

 

メバル

f:id:stormfish:20191115012116j:plain

メバル

20㎝前後のものがテトラポッド釣りでは大きい方ですが、30㎝を超えるものもいます。夜行性のため夜に釣りやすいが日中でも釣ることはできます。煮付けが最高!

 

ベラ

f:id:stormfish:20191115012801j:plain

ベラ

堤防などでよく釣れる魚。穴釣りでもちょくちょく釣れます。食べる人は余り多くない様ですが、美味しい魚です。煮付けなどにしていただきましょう!

 

アイナメ・クジメ

f:id:stormfish:20191115013430j:plain

クジメ

アイナメとクジメはよく似ています。アイナメの方がどちらかと言えばメジャーです。

口や尾ひれの形で見分けることはできますが、あまり気にしなくていいと思います。味は若干アイナメの方が美味しい様に感じますが、どちらもとても美味しいです。

大したトゲもなくお子さんが触っても大丈夫です。

 

タケノコメバル

f:id:stormfish:20191115014600j:plain

タケノコメバル

よくカサゴと間違われていますが、カサゴの様にトゲトゲはありません。30㎝前後のものも良く釣れますので、穴釣りで釣れる魚では大きい方です。大きいものは刺身、小さいものは煮付けが美味しいです。

 

ギンポ

f:id:stormfish:20191115015212j:plain

ギンポ

細長い魚で見た目が気持ち悪いので嫌がる人も多いですが、高級魚でとても美味しい魚です。特に天ぷらは最高です。

写真のもは大きい方です。

 

穴釣りで釣れてくる危険な魚


次の魚は危険ですので注意してください。海にはこの様な魚が釣れることがありますので、お子さんなどが魚を釣り上げた際には、触る前に確認をしてあげてください。

アイゴ

f:id:stormfish:20191115020030j:plain

アイゴ

背ビレ、腹ビレに鋭いトゲがありトゲには毒があります。私は刺されたことはありませんが、刺された人によると相当痛いそうなので注意が必要です。持ち帰る場合はヒレを切り取って持ち帰ってください。食べれます。

 

ゴンズイ

f:id:stormfish:20191115021125j:plain

ゴンズイ

背ビレと胸ビレに毒があります。非常に強い毒で刺されたら相当な痛みがあるそうです。持ち帰る場合は背ビレと胸ビレを切り落として持ち帰りましょう。とても美味しい魚です。

 

ハオコゼ

f:id:stormfish:20191115022115j:plain

ハオコゼ

小さい魚で見た目は可愛いが背ビレに毒があります。食べることはできますが、小さいので持ち帰るほどの物ではないので、私はリリースします。

 

フグ

f:id:stormfish:20191115023746j:plain

フグ

フグに毒があることは皆さんもよくご存じですよね!リリースしましょう!

ウツボ

f:id:stormfish:20191115022510j:plain

ウツボ

見た目通りの危険な魚です。噛む力が非常に強いので指などを噛まれた場合大変なことになるので、針を外す時など非常に危険ですので糸を切ってしまった方が無難です。

美味しい魚ですが、専門でウツボを釣る人以外は危険ですので触れないでおきましょう!

 

ポイント選び

お子さん達やテトラポッドに乗ることに少しでも抵抗のある方は堤防からテトラポッドに乗らなくても釣りができる場所もたくさんありますので、探してみましょう!

f:id:stormfish:20191115023243j:plain

比較的安全な穴釣り場

よく釣れる場所はテトラポッドの隙間から仕掛けが深く沈めれるところが大物が釣れる期待度が高いです。

f:id:stormfish:20191115023422j:plain

大物が釣れるかも!

 

隙間の入口が狭くても中が広くなっていたりしていれば十分釣れます。

 

f:id:stormfish:20191115023509j:plain

これくらいの隙間でも十分に釣れます

釣り準備

竿のガイドに糸を通したらブラクリ仕掛けを取り付けます。

仕掛けを釣付けたらブラクリにエサを付けます。

 

f:id:stormfish:20191115025208j:plain

エサを付ける

釣り方

手ごろな隙間(以降は穴と書きます)を見つけたら静かに仕掛けを底まで落とします。

底まで仕掛けを落としたら底から10㎝ほど浮かせます。

時折仕掛けを上下に動かして軽く誘ってあげます。

アタリの取り方ですが、穴釣りで釣れる魚はハッキリとしたアタリをする魚が多く、グングンと引っ張っていくアタリからコツコツと伝わるアタリ等、気持ち良い魚信が伝わってきますので、この時に軽くアワセを入れます。

針掛かりさせることが出来たら、少し強引にでも手早く糸を巻き取ります。なぜかといいますと、巻き上げる途中で魚が穴に入り込んでしまったり、糸がテトラポッドに擦れて糸が切れてしまうことがあるからです。

 

同じような穴でもテトラポッドの重なり具合が全て違うので、海底まで仕掛けが届く穴もあれば、すぐに行き止まりになってしまう浅い穴があったりと様々です。丹念に穴を探っていきましょう!

釣り方のコツは、ひとつの穴にこだわらず、アタリがなければ次の穴に移動してみましょう。魚に人気がある穴ですと、ひとつの穴で数匹釣れることもよくあります。

また、魚は大きいものから釣れてくる場合が多いです。小さい魚ばかり釣れる穴は大きい魚がいないかも知れません。その場合も次の穴を探した方がいいかも知れません。

この釣りは根掛かりが多く仕掛けのロストも多いですが、根掛かりを恐れずに積極的に攻めましょう!

 

穴釣りで釣れる魚にはヒレやトゲが鋭い魚が多いので、魚から針を外す時や魚を持つときにはヒレやトゲに十分注意しましょう!魚つかみやタオルを使用してなるべく直接魚を持たない様にした方が良いかも知れません。

 

釣って楽しく、食べておいしい!

穴釣りでは美味しい魚が多いので、いろいろな料理で楽しみましょう!

 

f:id:stormfish:20191115024038j:plain

メバルの煮付け

f:id:stormfish:20191115024259j:plain

カサゴの丸揚げ


 

さんまの塩漬けの作り方(エサ)

(私流ですので参考程度に...)

さんまは塩サンマでも生サンマでも干物でなければなんでも良いです。

①サンマを三枚に下ろします。

 

f:id:stormfish:20191115024416j:plain

三枚おろし

②トレーなどにキッチンペーパーを敷いて塩をたっぷり敷いてサンマを乗せて上からもたっぷり塩を乗せます。

 

f:id:stormfish:20191115024520j:plain

たっぷりと塩をのせる

 

③キッチンペーパーを被せます。

f:id:stormfish:20191115024713j:plain

キッチンペーパーを被せる。

 

④同じ大きさのトレーならばその上にトレーをのせてペットボトルなどの重りをのせて冷蔵庫などで2日ほど寝かせます。重りを乗せることでしっかりと水分を押し出すとともにサンマの厚みを整えます。

f:id:stormfish:20191115024850j:plain

ペットボトル等で重しをする

 

⑤2日後、水分がかなり出てますので、塩を交換して再度⑤と同じことをして2日ほど寝かせます。

 

⑥塩を払い使用する大きさに切ってタッパーなどに入れて出来上がり!

f:id:stormfish:20191115025028j:plain

塩を払い完成

 

釣行までに日にちがある場合は、冷凍しておけばかなり日持ちします。

穴釣りでの使用でしたら1㎝~1.5㎝幅でカットします。

このエサは穴釣りだけでなく太刀魚釣り等でも実績があります。

少し手間かかりますが、エサ屋さんで購入するより安価でエサ持ちも良いので

是非一度お試しください!

 

最後に

何度も言いますが、安全第一で釣りを楽しみましょう!

堤防やテトラポッドでの釣りはお手軽で楽しいですが、ひとつ間違って転落したならば命に関わる状態になる可能性が高いです。けっして無理はせずに安全に楽しみましょう!

あと、穴釣りはその場所に居着いている魚を釣るケースが多いので、条件が合えば凄く沢山釣れます。必要以上に釣ることは控えましょう!

 

みなさんが楽しくたくさんの魚が釣れますように‼

 

f:id:stormfish:20191115025514j:plain

安全第一で楽しみましょう!